PSP 無限回廊

無限回廊
無限回廊

posted with amazlet at 08.04.01
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2008-03-19)
売り上げランキング: 97
エッシャーのだまし絵をご存じだろうか。
道はつながっているのに、立体構造がおかしい不思議な図。
もし、あのエッシャーのだまし絵をゲームで遊べるとしたら?
もし、エッシャーのだまし絵を自分でぐるぐると回転させ、
道をいろんなところで、つなげたり離したりできるとしたら?
「無限回廊」はそんなゲームである。

PSPもしくはPS3(ダウンロード販売)で楽しめる
「無限回廊」はちょっとすごい。
画面上できちんと立体の物理原則が演算されているはずなのに、
画像をぐるぐる回すと、異なるフロアがつながったりするのだ。
つまり、わざと演算をおかしくしているということになる。
最初は1Fと3Fだったものが180度回転するとなぜか
同じフロアにつながったりする。これが、やってみると癖になる。

ゲームのテーマは主人公のキャラクターを目的地へ移動させるため
だまし絵をぐるぐる回して道を作ること。一言でいえばそれだけ。

最初のうちは、つい合理的な立体関係を考えてしまうので
どうしてもつながらないものが、徐々につながりはじめる。
その感覚が奇妙でもあり、心地よくなってくる。
ある程度をすぎると、自分としてはつながっていると思うのに
ゲーム内の判定ではつながっていないものに悪態をつき始めたりする。
「えー、それはつながってるでしょう」というのは少しおかしい。
よく考えてみれば、本当はつながらないと分かっているものを
無理矢理つなげているのだから。

常識を疑うことや、人の言うことを疑ってみることは
(相手が権威ある場合、特に)重要なことだと思うけど、
このゲームはまさにそんな感じの感覚を試される。
パズルは頭を柔らかくするためにあると思うけれど、
いやはや、このゲームはすごい。

   ■   ■
 
というわけで、PSPユーザーあるいはPS3ユーザーには
一度チャレンジをお薦めします。
おそらく実際にやってみないとよく分からないと思いますが、
体験版もダウンロードできますのでぜひお試しを。

(写真について)
 この写真3点は同じステージです。
 画面を回転させると、つながっていなかったフロアが繋がる
 様子を比べながら見ていただければと思います。
 これがスムーズなスクロールをしながらつながるのだから!
mugen1.jpg

(↑奥の階段のある道と手前の道はつながっていないが)
 

mugen2.jpg

(↑ぐるぐる回すと手前の道となぜかつながる)

mugen3.jpg

(↑さらにぐるぐる回すと最初の写真で左にあった道とつながった)