谷川史子 くらしのいずみ

くらしのいずみ (ヤングキングコミックス)
谷川 史子
少年画報社 (2008/01/28)

 

谷川史子はやはりすごい。それを再認識させてくれる一冊。

 

個人的には彼女の真価は高校生の恋愛話なのだと思っていて、

「りぼん」を離れてからは、どうもしっくりこないと思っていた。

大人とセックスの描写は向いていないのかなあと。

 

本作は、「Young King アワーズ」で書きつづった連作短編だが

そんなぼくの勝手な懸念を吹き飛ばして、かつ泣かせる一冊になった。

ドライアイの自分は泣けないが、相方はもう大変なくらい泣きまくっていた。

正直言うと、自分も大江戸線の車中で読まなければ危なかったかもしれない。

 

すっきりとした空気を感じさせる、他の人にはまねができない谷川史子の線が、

数年ぶりにダイレクトに心に入ってくる。

彼女のコミックを読んだことがあって、しばらく離れていた人にこそ読んで欲しい一冊である。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です